一夜明けて... ...1

片山先輩のお宅に泊めていただいた私たち姉弟は一夜を過した。
だけど昨日、布団が敷いてある部屋に行こうと私たち姉弟が「おやすみなさい。」と言ったら先輩は不思議なことというか可笑しなことを言い出した。
「ところで、樹君は凛子ちゃんと同じ部屋で寝るのか?」と。
「はぁ~~?当然、姉弟ですから。」と樹。
「でも... ...いくら姉といえ凛子ちゃんは女性だ。その女性と同じ部屋で寝るのはちょっと... ...」
「先輩、お心使いを有り難うございます。でも、私達は姉弟なので一緒の部屋で寝るのは当たり前です。それに樹のために別の部屋を用意していただくわけにはいきません!」と私。当然だろう。いくら姉弟とといえども、「男」「女」で部屋を別にする事がおかしい。別に他人同士で同じ部屋で寝るわけないんだから。本当に先輩って不思議な人だ。
まぁ、先輩の両親だって不思議な人達だからその息子だって不思議なのは当たり前か。
「先輩、本当にありがとうございます。そして明日、私は何か手伝いたいと思いますから何時に起床すればいいですか?」
「ハハハ・・・・・凛子ちゃん、手伝わなくてもいいからゆっくり休んで。」
「でも... ...」
「母さんが『凛子さんたちは疲れているからゆっくり休ませてあげなさい。』と言っていたから何も心配しなくてもいいんだ。じゃ、お休み」
「はい。では、おやすみなさい。樹も先輩に言いなさい。」
「おやすみなさい。」
そして部屋で私と樹はこの状況を寝ながら話し合った。

何故、初めての家に泊まらなければならないのか?
何故、先輩の両親はあのように笑っていられるのか?
何故、ここの一家は先輩が私達に世話になったと言って、こうも手厚く歓迎してくれるのか?
そして、先輩は「マザコン」
人は見かけに寄らないものだ。





私が不思議に思ったことを話したら樹は黙って聞いている。
そして「ねーちゃん、これには何か裏があるんじゃないか?そうでなかったら初めての訪問で、こんなに親切にはされないだろう。これは、きっと何かある!」
「でも、樹。この事はお姉ちゃんも不思議なのよ。だけど先輩の両親は見たとおり優しそうだし、好意じゃないの?でも樹が一緒にいてくれるから、お姉ちゃんは嬉しい。もし一人だったらどうして良いか分からないもの。それに、クククク・・・・先輩って相当なマザコンよね。本当に令子先輩はどうするんだろう?」
「好意?令子先輩?... ...ねーちゃん、ねーちゃんはこの状況が変だと思わないのか?」
「変だとは思うよ。でも、どうでも良いじゃない!折角の好意だから甘えておけば良いのよ。」
「じゃ、令子先輩って何だよ?」
「令子先輩は片山先輩の彼女さんに決まっているでしょうが。あんた、令子先輩と話したんでしょう?令子先輩は先輩の事が好きだと言ってなかった?」
「はぁ~~?それは... ...」
「樹、お姉ちゃん眠いから寝るね。おやすみ。」
私は今日、家を出てからこの時間まで神経を使いすぎていたみたいだったから、樹と話しているうちに寝てしまった。そして気がつけば朝になっていたのだ。

((樹の心配))

オレは寝ながら今日の事を考えていた。
でも、ねーちゃんは自分が言いたいことだけ言って寝てしまった。
このお気楽な性格は誰に似たのか?多分、オフクロだ。オフクロとねーちゃんは何処か似たところがある。言えば天然のところが母と娘がソックリ。
そして、何故に片山さんの家に招待されたのかも分からない。
それに泊まっていることも分からない。
初めての訪問に名前だけ知っている者を普通は泊めるか?泊めないのが普通だ!
こんな家族は未だかつて聞いたことも見たこともない!
それに、アイツは「姉弟と言っても男と女だだから」だと~~!
普通は初めての家に泊まるのに姉弟が違う部屋で寝る自体がおかしい!
俺らは姉弟なんだ!何故、部屋を別々に分ける必要があんのさ。
... ...まてよ!...アイツ、俺たちが別の部屋に寝かせて襲う... ...一人で寝ているねーちゃんを襲うつもりだ!そうだ、きっとそうに違いない!
だから俺たちを甘い言葉に乗せて... ...
と、いう事は親子揃っての陰謀か?
もし、そうだとしたら危ない!危ない!
ねーちゃんをアイツから守らなければならない!
それが俺のココでの任務なのだ!
だけど、俺はいつの間にか寝てしまっていた。
気が付けば朝。俺は慌ててねーちゃんを見た!ねーちゃんはいつもと変わらない格好で寝ている。
ねーちゃん、相変わらず寝相が悪いぜ!
それに昨日は、よほど疲れていたのかイビキが凄かった!
ねーちゃん、横で寝ている俺のことも考えてくれ!
ココは我が家じゃないんだ!
[PR]
トラックバックURL : https://nasatayo.exblog.jp/tb/20249845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by everlasting-lif | 2014-01-19 09:10 | 雨のち時々晴れ。 | Trackback | Comments(0)

いろいろな出会いがあって、楽しい事も考える事も。たまには悲しいことも。後悔も。


by everlasting-lif
プロフィールを見る
画像一覧