今頃、歓迎会?

私がこの部署になれてきた頃には、もう3ヶ月が経とうとしている。
ウチの部署は相変わらず、皆さんは不思議さんの集まりだ。
そして、私は「徳山さん」「徳山君」から「凛子ちゃん」「凛ちゃん」と呼ばれるようになった。
私も先輩達を「先輩」ではなく「〇〇先輩」と名を呼ぶようになった。
だけど、なんせ3課の方は部屋で仕事をしている時は遊んでいるようにしか見えない。
それが一歩、部屋を出ると他の部署の方々から尊敬の眼差しで見られているから不思議。
本当に仕事はできるのか?と思ってしまう。
須藤先輩も他の部署のOLさんからも恐れられているし、私にはどれが本当の姿なんかも分からない。ただ私も一つだけ未だに分からないことがある。それは部屋の最前列のデスク。
この席は私が入社してから誰も座ったところを見た事ない。
まさかと思うが幽霊社員でもいるの?
そして今日、須藤先輩から私の「新入社員 歓迎会」があると聞いた。
集合時間は退社後、直ぐだという事。即ち、5時。
これも不思議なのよね。他の部署は5時までには終らない。もっと遅くまで仕事をしているのだ。
そう!残業というものだ。
なのに何故、この部署は5時で仕事を終えることが出来るの?
未だかつて残業など誰もしているところを見た事もない。
まぁ、私は3課なんだし関係はないけど。
だけど普通、歓迎会っていうのは入社して直ぐ開くもんじゃないの?
主旨が分からん不思議な3課だ。



そして5時。仕事は終わり。
私は先輩方に連れられて居酒屋に行く。
この居酒屋は経理3課専用に利用していると聞いている。
「オジサン、来たわよ。」と須藤先輩の一言で別室に案内された。
歓迎会をすると前もって連絡してあったのかテーブルにセッティングがしてある。
そして各々に座った。が、各先輩方の座る位置があるのか誰も「こっちに座れば?」などという言葉なし。各自、自分勝手に座ったって言う方が早い。
そして私の歓迎会が始まった。
「凛ちゃん、もう3課に慣れた?」と眼鏡の俵先輩が聞いてくれた。
「ハイ!初めは戸惑いもありましたが今では慣れましたよ。(ニッコリ)」
「そういえば凛子ちゃんは真面目だよな。」と犬が恋人の早乙女先輩曰く。
「真面目って... ...私、要領が悪いだけなんです。」
「そう思うのは凛ちゃんだけだよ。ハハハハ・・・・」と料理オタクの山田先輩。
「でも何故、私が経理3課に配属されたのか分からないんです。」
「それは当然だな。なぜならカラーが私たちと一緒だから。当たり前だろう。」と愛妻家の新堂先輩。
「そんなもんですかね。」
「自分がまったく分かっていないね。凛子ちゃん」と優柔不断の小野先輩。
「凛子ちゃんって何事も一生懸命だから、つい苛めたくなるのよね。ホホホホ・・・・・」
「エッ!!... ...須藤先輩... ...」
「冗談よ!そんな凛子ちゃんが私は好きよ。」
「須藤先輩!」
私は須藤先輩に好きだと言われた。勿論、私は先輩の事を尊敬をしている。
先輩自ら「好きよ。」なんて言われれば嬉しい~~~!
だけど、「苛めたくなる。」って入社してから今まで、私は苛められていたの?
先輩の本音とも冗談ともとれる言葉に悩みそうだ。
「ところで、3課について何か聞きたいことはあるの?」と須藤先輩。
「有ります!それは私が入社してからずっと思っていたのですが、部屋の最前列に誰も座ったところを見た事がないのですが何故ですか?」
「ああ、あそこは課長の席だ。」と山田先輩曰く。
「課長って?」
「今、課長の席が空いているのよ。」と須藤先輩。
「何故?課長はどうされたのですか?」
「課長は辞められたわ。」
「じゃあ何故、新しい課長がおられないのですか?3課の先輩方の誰かが課長になれば良いのに。」
「まさか~~~!何故、課長にならなければいけないのよ。おかしな子ね。」
「だって、課長ですよ。皆、出世したいのではないのですか?」
「じゃあ、凛子ちゃんが課長をやってみる?」
「と、とんでも御座いません!私はまだ、ぺーペーですし。」
「凛子ちゃん、よ~く考えてごらん。もし、課長にでもなったものなら5時で退社はできないだろう。それに毎日の仕事の責任も負わされる。誰がそんな面倒なことを引き受けるものか。」と、小野先輩が仰った。優柔不断の先輩が言うことなの?
確かに、先輩の仰ることも一理ある。だけど、中小企業のサラリーマンの言うことか?
「ホホホホ・・・・・凛子ちゃん、あまり深く考えないでね。人生、楽しまなくっちゃ!」と須藤先輩が仰いますが、これで良いのかな?
う~~ん、先輩方の考えのほうが正解?いや出世のほうが?

「よう!須藤。それに3課のみんなも、こんな所で出会うとは。」
「あら、片山君。」
「ア~~~~ッ!... ... ... ...」
「あれ?君、たしか... ...」
ヤバイ!非常にヤバイです!
まさか、まさかと思っていたけどアノ先輩にこんな所で出会うとは!
おまけに3課の先輩がいるところで... ...
どうして?何故に?ここにいらっしゃるんですか?
忘れもしないエレベーターでの一件。
あちゃ~~~!
[PR]
トラックバックURL : https://nasatayo.exblog.jp/tb/20064996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by everlasting-lif | 2013-12-05 19:30 | 雨のち時々晴れ。 | Trackback | Comments(0)

いろいろな出会いがあって、楽しい事も考える事も。たまには悲しいことも。後悔も。


by everlasting-lif
プロフィールを見る
画像一覧